話題の犬のおもちゃは?どんなおもちゃがあるの?動画を交えて紹介してます。

犬のおもちゃAtoZ

犬と遊ぶ方法

超簡単な犬の手作りおもちゃ『タオルアー』で遊ぶ!

更新日:

inunokigurumi

最近人気を集めているがの、犬のおもちゃの自作です。愛犬の為に手作りをするというのはやりがいがあるものですよね。

しかし服やご飯と違って、犬のおもちゃに求められるのは丈夫さです。
色々こだわって作ったとしても、すぐに破壊されてしまう事を考えれば、やはり犬のおもちゃに関しては信頼出来るメーカーの丈夫な物を与える事をおすすめします。

犬のおもちゃの自作は『丈夫さ』を考えず、壊される事を前提で。

丈夫さを考えなければ、非常にコストパフォマンスに優れ、犬が喜ぶ手作りおもちゃを自作する事が出来ます。

今回は誰にでも一瞬で作れる『タオルアー』の紹介です。

使うのは家庭で普通に使う『フェイスタオル』1枚のみ。
よく町内会やどこかの会社名とかが入っているタオルです。なぜか家にありますよね。(笑)

あのタオルを結んで結びコブを作るだけで完成です。

え?それはヒドイって?

とんでもない!あれこそが犬のおもちゃの究極系と僕は思っています。

究極の犬のおもちゃ『タオルアー』とは!

犬のおもちゃを手作りするには壊される事を前提として作りましょう。

まず結びコブが重心になります。

コブは端っこに作っても良いし、真ん中に作っても面白いです。
コブを中心に、タオルがヒラヒラと悩ましく犬を誘います。

だからタオルで出来た疑似餌(ルアー)、『タオルアー』なのです。

そのままボールの用に投げれば、まるで逃げる小動物のようです。

写真のような形をした、『ニワトリ型のおもちゃ』を見たことありませんか?

これは犬の狩猟本能を刺激します。

自作犬のおもちゃでも十分に満足を得ることが出来ます。

『タオルアー』に飛びついた犬はきっと結びコブの付け根あたりを咥えるでしょう。
「急所を仕留めたぞ!」と言わんばかり。

そして、『タオルアー』を”ぶんぶん”と振り回し、獲物を捕らえた事をアピールします。

ちゃんと、飼い主の元へ持ってこさせ、「離せ!」の合図で、犬が『タオルアー』を離すようにトレーニングをしましょう。

引っ張り合いをする時は注意して下さい。

犬のおもちゃは自作である事を忘れないでください。メーカー品のような強度や安全性はありません。

フェイスタオルの持つ長さを生かして、犬とおもちゃで引っ張り合いをしてみいましょう!
簡単なロープの代わりになりますね。

ただ、これには注意が必要です。
所詮はフェイスタオルです。

犬用のおもちゃロープとは違います。
犬にとっては、噛めるおもちゃであることは代わりないので、本気で噛んで引っ張りますが、薄いタオル生地を本気で噛むので、自分の口の中や舌を傷付けてしまう事があるという事です。

あまり長い時間激しい引っ張り合いはせず、犬が怪我をしていないか確認しながら遊ぶようにして下さい。

終わった後は洗濯機で丸洗い

こもフェイスタオルであるがゆえの利点ですね。
犬と遊び終わった後は、結び目をほどいて洗濯機へ投入するだけで終わりです。

まぁ、もうタオルとしては使い物にならないほどボロボロになってしまいますけどね。(笑)

常に衛生的に使えるのは『タオルアー』の良い所です。

『タオルアー』まずは一つ作ってみて下さい。

本格的な、犬のおもちゃを手作りする事は否定しません。
それはとても楽しい趣味だと思いますが、作ったおもちゃを壊される事を恐れずに、しっかりと犬と遊んであげて下さいね。

すぐにでも犬と遊びを始めたい人は、まずは『タオルアー』を一つ作ってみましょう!

長めのタオルを使って結びコブを複数作るのもまた違う動きになって楽しいですよ。

『タオルアー』で愛犬の反応を見てから、本格的な犬のおもちゃを選んで購入するのも良いかもしれません。

 

-犬と遊ぶ方法

Copyright© 犬のおもちゃAtoZ , 2019 All Rights Reserved.